Walk for Life


 

ポールで歩く: 健康、体力、自然体で楽天的に生きる力のために

上背部の自然な機能を活性化する

歩行を推進する弾力を強化する

 

ポールは平衡状態を支えるのに使われるだけでなく、本来四足動物の前足と同じ機能を持っている腕を活性化します。ポールは歩行の際、床反力を伝え、肩甲骨を背骨近くに押し返し、上背部のもっとも硬く頑固な部分に活力を与え柔軟性をとりもどします。

 

ポールを使うことで歩行を推進する弾力性を強めます。腕を伸ばすことで、ポールは地面との相互作用と無駄のない力で、脚だけにはないさらに高いレベルの動きの可能性をもった圧をつくりだします。

 

屋内で歩くために必要なレッスンを、その後屋外でポールウォーキングを行います。

 

・股関節が解剖学的に正しい位置にくる様に、安全性を保ちつつ全身の動きを組織化する。

 

・歩くとき体重が片足に集中的にかかる瞬間のインパクトに対して腰椎を守るトレーニング。

 

・頭を最も繊細に感じ取りながら背骨のトップに乗せ、首をどの方向にも同じ比率で潜望鏡のように回転させる。

 

・滑らかで自由なウォーキングのために膝が自然にショックを吸収しながら動き、一歩ごとに弾みをがつく様にする。

 

・転倒を予防し、また転倒しても骨折したり怪我をしない様にトレーニングしてより自信をつけ、生きていることを実感し肯定できる様にする。また自然体で楽天主義的生き方、無意識レベルで臨機応変に対処する能力の可能性への挑戦、安定した垂直姿勢の維持開発する方法を学ぶことにつとめる。

 

・お互いにつながった複雑な動きの調整と最適な動きの効率性をうまく組み合わせることで、自分自身に最適な歩行を探求する。

 

・顔の表情はウォーキングと密接に関連しています。全身を使うきつい仕事をしている時のように、密接に関連した多くの部分を使うので、その表情は自分自身の習慣としてしみこんでいる表情です。歩き方が変われば、表情も変わります。

  

国際資格が取れる第1期 Walk for Life® 指導者養成コース 

 

下記日程は延期させて頂きます。

日程が決まり次第掲載いたします。

 

A 基礎 コース(48時間:8日間) 受講料:12万円

 

2016

 

  611日 (土)  12日(日)12時間 10001730  2

 

  7   2日 (土)    3日(日)12時間 10001730  2

 

  813日 (土)  14日(日)12時間 10001730  2

 

  9   3日 (土)    4日(日)12時間 10001730  2

 

 

 

B アドバンス コース (48時間:8日間)  受講料:12万円

 

2016年 ~ 2017

 

① 1022日 (土)  23日(日)12時間 10001730  2

 

② 1112日 (土)  13日(日)12時間 10001730    2

 

③ 1210日 (土)  11日(日)12時間 10001730  2

 

  114日 (土)  15日(日)12時間 10001730  2

 

 

 

C メンタリング コース(10時間:2日間) 受講料:15千円

 

2017

 

  211日(土)  12日(日) 10時間   10001630     2

 

 

 

D 教育実習(Didactic)コース(24時間:日間) 受講料:6万円

 

2017年 

 

  3  4日(土)~ 5日(日) 12時間   10001730  2

 

  4  8日(土)~   9日(日) 12時間   10001730  2

 

 

*ボーンズフォーライフの資格が無い場合、BFL4日間、20時間 受講必須 50,000

*定員 8名 定員になり次第締め切ります。

*コースをすべてを終了した時点で、国際資格が取得できます。

*日程、時間はやむ終えぬ事情がある場合は変更されますので、予めご了承ください。

Didactic 終了後マニュアルの購入必須 英語版18千円 日本語版 23千円

 

お申し込みはこちら